日経ビジネス 2001/03/12号

時流超流・トレンド これでいいのかニッポン
「たばこ主権」にこだわる政府に5つの勘違い 財制審部会で16年ぶりの議論スタート、遠いJTの完全民営化

 政府が株式の過半数を保有する日本電信電話(NTT)と日本たばこ産業(JT)。NTTについて政府は長く安全保障上の「通信主権」を政府保有の大義名分としてきた。だとすれば、JTは「たばこ主権」か。 1985年の専売制度廃止以来、この問題についてまともな議論はない。(4〜5ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3044文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
政治・経済・社会 > 政治 > 国内政治
【記事に登場する企業】
NTT
財政制度等審議会
財務省
日本たばこ産業(JT)
update:19/09/24