日経ビジネス 2001/03/19号

特集 消費者は時間を買う
消費者は時間を買う
物欲減退不況の突破口

この消費不振に名前をつけるなら「物欲減退不況」がふさわしい。なぜなら、消費者は買い物という行為自体にもう魅力を感じていないからだ。本誌調査によると約6割の消費者が買い物に費やす時間を減らしている。その理由は「必要なモノが一通り揃っているから」であり「忙しさが増しているから」だ。「モノはいらない、時間が欲しい」。消費者はそう叫んでいる。(26〜27ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:960文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる0円
買い物カゴに入れる(読者特価)0円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
update:19/09/24