日経ビジネス 2001/03/19号

技術&イノベーション
発泡酒、ビールの製造
副原料何でもあり、鮮度維持で新発想

 「ビールに遜色ないものがやっと開発できたから」。アサヒビールの福地茂雄社長は発泡酒に参入する理由を問われ、こう説明した。森俊夫・研究開発企画部長も「サントリーが発泡酒を出した直後に開発に着手し、完成まで6年がかりで100回は試作した」と、苦労のほどを打ち明ける。 発泡酒とビールの違いは基本的には麦芽の使用比率だけ。(138〜141ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5653文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
サービス・流通・生活・文化 > 食品・外食産業 > 食材・食品・飲料
【記事に登場する企業】
アサヒグループホールディングス
サントリーホールディングス
update:19/09/24