日経ビジネス 2001/03/19号

視点 コラム
“頭脳なき鶏”日本の迷走を憂う   企業はガバナンス改革を即断行せよ
中谷  巌

 不良債権処理、規制緩和、公的部門のスリム化、企業の構造改革、大学改革など、ほとんどあらゆる分野で、先送り、抜本策の回避が日常化している。これこそ、日本経済がかくも長期にわたって低迷を続けている基本的理由である。これだけ材料がそろっていると、景気対策にいくら財政資金をつぎ込んでも、金融緩和をいくらやっても日本経済が立ち直らないのは当然だ。(169ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1695文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に登場する企業】
三和総合研究所
update:19/09/24