日経ビジネス 2001/03/26号

時流超流・トレンド 崖っぷちの舵取り
ついに量的緩和に踏み出す日銀の覚悟 デフレ払拭へ政策大幅転換、政府に構造改革迫れるか

 日本銀行がとうとう自らの景気判断の誤りを公式に認めた。言うまでもなく、19日の政策委員会・金融政策決定会合で、金融機関が日銀に保有する当座預金残高に目標値を設け、市場からの長期国債の買い入れを増額する事実上の「量的緩和」策に踏み込んだ事を指す。昨年8月のゼロ金利解除からわずか7カ月。日銀は、「景気回復が自律的ではなかった」ことを認めざるを得なかった。(8ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1715文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
政治・経済・社会 > 国内経済 > 景気動向
【記事に登場する企業】
日本銀行
update:19/09/24