日経ビジネス 2001/03/26号

時流超流・トレンド 人ニュース 追悼
異能の経営者、大川功氏逝く 「予兆」をとらえ勝負をかける独自の経営で大きな足跡残す

新しい産業には、必ずその「予兆」があるという。その「予兆」をのがさずにとらえ、これを命がけで事業化しようとする人に対して、天は、「時流」という恩恵を与え、そして「使命」という社会的責任を負わせるのだと思う。私の人生は、それに尽きる。 1996年12月に発表した初めての著書『予兆』の中で、「私のモットー」として巻頭に掲げられた言葉である。(14〜15ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2226文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に登場する企業】
CSKホールディングス
セガゲームス
update:19/09/24