日経ビジネス 2001/03/26号

時流超流・トレンド 思わぬ所で情報漏洩
あなたが捨てたパソコン、大丈夫?

 資源有効利用促進法(改正リサイクル法)が4月1日に施行され、パソコンメーカーには企業が廃棄するパソコンの回収と再資源化が義務づけられる。それに合わせて、三菱商事が新会社を設立して中古パソコン販売ビジネスに乗り出すなど、パソコンのリサイクル事業が注目を集めている。 中でもにわかに活況を呈しているのが、“データ抹消”ビジネスだ。(21ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:852文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > 情報システムセキュリティ・トラブル > 不正アクセス・情報保護
【記事に登場する企業】
三菱商事
update:19/09/24