日経ビジネス 2001/03/26号

経営戦略 ケーススタディー
三菱商事 馴れ合い体質打破へ組織刷新
伝統の部を廃止、最小事業単位で業績評価 撤退・縮小ルール定めGE流「選別経営」目指す

 米国の医学博士、スペンサー・ジョンソンが書いた『チーズはどこへ消えた?』を読んだ人は多いだろう。話題のベストセラーの主人公は、迷路の中に住む2匹のネズミと2人の小人だ。 物語は、ある日、迷路の中のチーズが消えたところから始まる。(50〜54ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:7875文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる330円
買い物カゴに入れる(読者特価)165円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 財務 > 業績
企業・経営・ビジネス > 企業・組織 > 社名変更・組織変更・本社移転
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > その他(経営方針)
【記事に登場する企業】
三菱商事
update:19/09/24