日経ビジネス 2001/03/26号

経営戦略 小さなトップ
サヤカ(プリント基板切断装置の製造)
 「全社員会議」で顧客密着型の経営計画

 電気製品はもちろん、自動車などにも使われ、今やあらゆる領域で欠かせなくなっているプリント基板。これを決められた形、大きさに切り分けていくのがプリント基板切断装置である。サヤカ(東京・大田区、猿渡盛之社長)は、このプリント基板切断装置の分野で約60%と高いシェアを占めている。 同社は1992年、他社に先駆けて基板切断装置の分野に進出した。(68〜69ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2973文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > その他(経営方針)
update:19/09/24