日経ビジネス 2001/03/26号

素顔の新社長 人物
市川 典男氏[象印マホービン]
亡き義兄越え、新分野の販売拡大へ

 創業83年の名門企業、象印マホービンに42歳の若いトップが誕生した。前社長の市川博邦・現会長は69歳だから27歳も若返った。 今回の社長交代を従業員や取引先は当然のように受け止めている。新社長の市川典男氏は創業者市川銀三郎氏の孫で、前会長市川重幸氏の長男。前社長も叔父に当たる。創業家からの登板だからだ。当の典男氏も「いずれは社長に就くだろう」と認識していた。(142〜143ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1588文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 人事 > 経営陣・キーマン
【記事に登場する企業】
象印マホービン
update:19/09/24