日経ビジネス 2001/04/02号

時流超流・トレンド 連鎖反応
発泡酒「お花見の陣」はカラー勝負 アサヒ「赤」パンチにキリン「青」、サッポロ「白」で対抗

 花見シーズンの到来とともに、いよいよ2001年のビール・発泡酒商戦が開幕した。今年は大手4社が揃い踏みとなった発泡酒を巡って、早くも戦いがヒートアップしている。 まず強烈な先制パンチを見舞ったのはアサヒビールだ。2月21日に発泡酒「アサヒ本生」を発売した際、本社・支社の内勤者や工場の社員も含めた約4500人の社員を動員した「赤い嵐作戦」を大展開。(11ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1504文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
サービス・流通・生活・文化 > 食品・外食産業 > 食材・食品・飲料
【記事に登場する企業】
アサヒグループホールディングス
update:19/09/24