日経ビジネス 2001/04/02号

勝者の経営術
強い会社は自社株を買う
 トヨタ、松電工、キリン自衛宣言 効率重視の「攻めの資本政策」

 3月期末に向けて、多くの銀行がトヨタ自動車株の売り切りに走った。売却に際しては、各行ともトヨタの財務部門から了解を取りつけた。 もっとも、それは形式的なやり取りでしかなかった。トヨタは株の持ち合い解消を時代の流れと見なしており、銀行へトヨタ株売却を思いとどまるよう圧力をかけるつもりはない。(52〜55ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:6302文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に登場する企業】
トヨタ自動車
update:19/09/24