日経ビジネス 2001/04/02号

特別インタビュー 人物 スティーブ・ジョブズ氏
アップルはなぜ失速したか
独自路線貫く弊害が露呈、消費者トレンド読み誤る

 1997年に伝説の創業者スティーブ・ジョブズ氏が本格復帰して以来、「iMac(アイマック)」の大ヒットなどもあって復活したかに見えた米アップルコンピュータ。だが、2001年度第1四半期(2000年10〜12月)は、3年ぶりに赤字転落。売上高はここ数年でピークだった前年同期比で57%減、出荷台数も65万9000台で同52%減と失速した。(64〜65ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3297文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > オピニオン・経営戦略
【記事に登場する企業】
米アップル社
シスコシステムズ
update:19/09/24