日経ビジネス 2001/04/02号

素顔の新社長 人物
松本  南海雄氏[マツモトキヨシ]
 「実質的な社長」が「本当の社長」に

 実兄の松本和那氏から社長を引き継いだ。和那氏は代表権のない会長に退き、同時に三男の鉄男副社長も代表権のない取締役に退いた。代表者は南海雄社長1人に。3人兄弟によるトロイカ体制に終止符を打ち、経営の迅速化と効率化を狙う。 2000年9月中間期で6年ぶりの経常減益となり株価が急落したことが、今回の社長交代の背景にある。(144〜145ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1628文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 人事 > 経営陣・キーマン
【記事に登場する企業】
マツモトキヨシ
update:19/09/24