日経ビジネス 2001/04/09号

時流超流・トレンド 危険な賭け
野菜セーフガードで自縄自縛の自民党 中国の輸出自主規制あり得ず、報復されれば選挙も不利に

 中国から輸入が急増しているネギ、生シイタケ、畳表(イグサ)の農産物3品目に対する緊急輸入制限措置(セーフガード)が、4月中にも発動される見通しとなった。 今なお政府部内にも温度差があり、財務、経済産業の両省には「中国に輸出自主規制を求め、応じなければやむを得ない」(宮澤喜一財務相)と、できれば発動は回避したいとの本音も見え隠れする。(10〜11ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1898文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
政治・経済・社会 > 政治 > 国内政治
政治・経済・社会 > 世界経済・貿易 > 貿易全般
【記事に登場する企業】
財務省
自民党
農林水産省
update:19/09/24