日経ビジネス 2001/04/09号

編集長インタビュー 人物
山内  溥氏[任天堂社長]
 ハード屋の発想に乗ったら負ける 任天堂は「楽しい、面白い」を徹底追求

 問 ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)が家庭用ゲーム機「プレイステーション2」を発売したのは昨年3月。SCEが圧勝した、と思っていたら、最近、ゲーム市場は縮小し、SCEの収益も苦しいと言います。では誰が儲けているかといえば、任天堂だと。ゲーム業界で何が起きているのか。さっぱりわかりません。(72〜75ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:6166文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
パソコン・デジタルギア > ゲーム機 > その他(ゲーム)
サービス・流通・生活・文化 > ゲーム > その他(ゲーム)
【記事に登場する企業】
ソニー・インタラクティブエンタテインメント
任天堂
update:19/09/24