日経エレクトロニクス 2001/04/09号

ニュース・ダイジェスト
台湾TSMC社,0.15nmプロセスの量産体制確立

 台湾TSMC社は,0.15nmプロセスの量産体制を確立したと発表した。高性能版の0.15nmプロセス(CL015LV)を使った最初のチップは,米NVIDIA社のグラフィックスLSI「GeForce3 GPU」と,家庭用ゲーム機「Xbox」向けLSIである。ほかの顧客向けのチップも,TSMC社のさまざまな種類の0.15nmプロセスを使って量産が始まっているという。(47ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:257文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる108円
買い物カゴに入れる(読者特価)54円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に登場する企業】
米エヌビディア(NVIDIA)社
台湾・タイワン・セミコンダクター・マニュファクチュアリング社
update:18/08/02