日経ビジネス 2001/04/16号

特集 安いモノにはワケがある 第2章 安さの独自モデル構築せよ
「持たない経営」で拡大容易に 東横イン

 都内でシングル1室6800円、地方では4300〜5800円という価格帯で、ビジネスホテルの低価格戦争の主役を演じる東横イン。1986年の創業後10年間の新規開業は、毎年1、2カ所だったが、96年以降の5年間でピッチを上げ、今年末には45カ所に達する見通しだ。さらに「4〜5年後にはとりあえず直営で100カ所を目指す」(六川二郎副社長)と、拡大路線をひた走る計画。(37ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1432文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に登場する企業】
東横イン
update:19/09/24