日経ビジネス 2001/04/16号

勝者の経営術
会社分割法制で中核事業を選別
 NECと日通工が適用第1号に 連結・時価会計を勝ち抜く手段

 「中核事業であっても、NEC本体で続けた場合より、グループ全体の資本効率が向上すると考えて切り離す」 NECの鈴木俊一・執行役員は、販売時点情報管理(POS)システムと業務用電話機事業の営業権を、今年6月にグループ企業の日通工に移管する理由をこう説明する。 NECは営業権を移管するのと引き換えに、日通工が新たに発行した株式3700万株を取得する。(42〜46ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5742文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる330円
買い物カゴに入れる(読者特価)165円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 財務 > その他(財務)
【記事に登場する企業】
NEC
日通工
update:19/09/24