日経ビジネス 2001/04/16号

経営戦略 小さなトップ企業
竹井機器工業(心理学実験機器等の製造・販売)
たゆまぬ精度向上で学術関連市場つかむ

 「うそ発見器」。名前を聞いただけで、なぜか落ち着かない気分にさせるこの機械を日本で初めて作ったのが竹井機器工業だ。 うそ発見器はもともと精神反射電流測定器と呼ばれる心理学臨床実験用の機械だった。人体には微弱電流が流れており、音や光などの刺激を与えると、その電流が変化を起こす。この電流の変化をとらえる測定器を、欧米では犯罪捜査に役立てていた。(68〜69ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2957文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > その他(経営方針)
update:19/09/24