日経ビジネス 2001/04/16号

時流超流・トレンド 日米関係
前駐日米大使 トーマス・フォーリー氏 に聞く クリントン政権下、日本軽視は全くなかった

 離任の迫った3月末、トーマス・フォーリー前駐日米大使は在任最後のインタビューに答え、「クリントン政権下、日本軽視の姿勢は決してなかった」などと大使としての3年半を語った。 日米両国ともに中国が国際舞台で建設的な存在になることを期待している。その前提とも言えるのが日米の良好な関係だ。(12ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:841文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
update:19/09/24