日経ビジネス 2001/04/23号

時流超流・トレンド 人ニュース 消去法?
KDDI、意表つく旧DDI小野寺氏の社長昇格 五十嵐・元郵政次官は副社長に、京セラ主導をトヨタ静観

 そう言われても、否定できなかったKDDIの経営体制が、投資家など外部の圧力の声もあり、この6月に大幅に刷新される。 社長には現在69歳の奥山雄材氏に代わり、53歳の小野寺正副社長が昇格する。KDDIは旧DDI、旧KDD、旧日本移動通信(IDO)の3社が合併して誕生したこともあり、現在、役員は全部で50人を超えるが、執行役員制を導入することで、12〜15人に絞る。(20〜21ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2288文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 人事 > 経営陣・キーマン
企業・経営・ビジネス > 人事 > その他(人事)
政治・経済・社会 > 政治 > 国内政治
【記事に登場する企業】
京セラ
KDDI
日本移動通信
update:19/09/24