日経ビジネス 2001/04/23号

時流超流・トレンド 人ニュース 潜水艇
電事連会長ポストに見放された関電

 全国の電力会社10社で構成する電気事業連合会(電事連)の次期会長に東京電力の南直哉社長が6月末に就任することが固まった。電事連会長は東京、関西、中部の大手3電力から、現職の社長が就くのが慣例になっている。現会長の中部電力・太田宏次社長が会長に昇格するのに伴う交代だ。 今回の人事で注目されるのが関電の立場だ。(21ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:740文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に登場する企業】
中部電力
電気事業連合会
東京電力ホールディングス
update:19/09/24