日経ビジネス 2001/04/23号

特集 シリコンバレーは死んだか
シリコンバレーは死んだか
現地総力取材  日本再生のヒントを見た ハイテク聖地の悪夢と希望

  【シリコンバレー】米カリフォルニア州サンフランシスコの南からサンノゼにかけて広がるサンタクララバレーの通称。スタンフォード大学を中心とする数千km2たらずの土地に1万を超すハイテク企業がひしめき合う。アサートン、ウッドサイド地区の所得水準は全米一。よく誤解されるのはマイクロソフトで、同社はシリコンバレーの企業ではなく本社はワシントン州にある。(26〜27ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:933文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる0円
買い物カゴに入れる(読者特価)0円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
update:19/09/24