日経エレクトロニクス 2001/04/23号

講座 民生機器
HDDあってのTV Anytime  2001年6月に仕様出そろう
早稲田大学 国際情報通信研究センター 客員教授 大久保榮氏

「「TV Anytime」実現には,コンテンツ情報を記述する技術やコンテンツ検索して獲得する技術,著作権を保護する技術が必要。 「TV Anytime」仕様に基づくシステム(TV Anytimeシステム)の特徴は,ハード・ディスク装置(HDD)のような蓄積装置を使うことを前提にしたことである。(172ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1262文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる108円
買い物カゴに入れる(読者特価)54円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
パソコン・デジタルギア > パソコン・デジタルギア用記憶装置 > ハードディスクドライブ・NAS
【記事に登場する企業】
早稲田大学
update:18/08/02