日経エレクトロニクス 2001/04/23号

講座 民生機器
インターネットを使いこなせば ビジネス・チャンスは広がる
日本テレビ放送網 新技術調査企画本部 浦野丈治氏

 市場の要求の視点から「TV Anytime」システムが実現すべきサービスを策定したのが「ビジネス・モデル」である。これまで述べた各仕様は,すべてこのビジネス・モデルの実現を目指して策定したものである。 TV Anytime仕様は,大きく2段階に分けて策定する(図12)。(181〜182ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1803文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる162円
買い物カゴに入れる(読者特価)81円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
インターネットサービス > 個人向けインターネット接続インフラ(その他) > その他(個人向けインターネット接続インフラ)
【記事に登場する企業】
日本テレビ放送網
update:18/08/02