日経デザイン 2001/05号

特集 総おこし
字の力 その文字で伝わりますか
今見直される分かりやすさと美しさ

 「2025年になれば、13ポイント以下の活字は商業的な価値を失うだろう。われわれの視力がぼやけはじめた昨今では、9ポイントを使うことでさえ自滅行為だ」(「なぜこの店で買ってしまうのか」 パコ・アンダーヒル著 早川書房)。 文字はもちろん意味を伝える道具である。私たちは文字が書いてあったら意味が伝わって当たり前のように考えている。(50〜51ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:798文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる0円
買い物カゴに入れる(読者特価)0円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に登場する企業】
早川書房
update:19/09/27