日経デザイン 2001/05号

特集 part3
脱・活字を目指すデジタル文字 Webのデザインは オーダーメイドの 時代に

 小さい画面にいかに多くの情報を詰め込むか?それも見やすく。携帯電話やPDAなどの携帯情報端末メーカーは画面設計の際に常にこうした二律背反の命題に直面している。 各社はどのような取り組みを行ってきているのか。ここではシャープと松下通信工業での取り組みを例に挙げる。シャープは「LCフォント」という携帯情報端末に適した文字を独自に開発した。(65〜70ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:7091文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる385円
買い物カゴに入れる(読者特価)193円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に登場する企業】
シャープ
update:19/09/27