日経ビジネス 2001/04/30号

時流超流・トレンド 政治が変わる
田原  総一朗氏が語る 小泉氏の地滑り的勝利は経世会支配の終焉

 自民党総裁選で橋本龍太郎氏が小泉純一郎氏に敗れた。田中角栄氏が1972年に田中派を結成して以降、竹下派、小渕派、橋本派とほぼ30年にわたって日本の政治の中心にあった「経世会」(現平成研究会)による支配構造とは何だったのか。小泉首相誕生で経世会支配は完全に終わりを告げるのか。評論家の田原総一朗氏に聞いた。(5ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1520文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に登場する企業】
自民党
update:19/09/24