日経ビジネス 2001/04/30号

経営戦略 小さなトップ企業
新日本科学(前臨床試験の受託)
新薬開発の黒子役、米国&新分野進出へ

 新薬開発にしのぎを削る世界中の製薬会社から、熱い視線を向けられている会社が鹿児島県の山中にある。前臨床試験の受託で、国内で約15%のシェアを握る新日本科学だ。猿や犬など大型の実験動物による前臨床試験に限れば、国内シェアは80%を超えており、世界的にも有数の研究機関である。 新薬の製造が承認されるまでには、大きく分けて3段階の安全性試験が必要とされる。(60〜61ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2843文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > その他(経営方針)
医療・バイオ > 医薬品 > 創薬
【記事に登場する企業】
新日本科学
update:19/09/24