日経ビジネス 2001/04/30号

第2特集 三菱自動車工業 第1章
再び輝けるか、三菱自動車
汚名返上へ、2頭体制で「ターンアラウンド計画」 随所で「過去との決別」を表明 再建計画の達成が最低条件 二人三脚に不安も

 今年2月中旬。数十年ぶりという寒波来襲で寒風吹きすさぶ三菱自動車工業の岡崎工場(愛知県岡崎市)を、同社社長の園部孝とダイムラークライスラーから派遣された副社長、ロルフ・エクロートが訪れた。目的は工場内の乗用車技術センターで行われる「最終品質確認会議」への出席だった。(106〜111ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:6152文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる385円
買い物カゴに入れる(読者特価)193円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営危機・再建 > 再建
【記事に登場する企業】
ダイムラー社
三菱自動車
update:19/09/24