日経ビジネス 2001/04/30号

第2特集 三菱自動車工業 インタビュー・人物
河添 克彦氏[三菱自動車工業相談役(前社長)]
不要事業撤退の勇気なかった 三菱ブランドは価値がある

 1997年、総会屋利益供与事件で退任に追い込まれた木村雄宗社長(当時)の後を受けて社長に就任した河添克彦前社長。ダイムラークライスラーとの資本提携をまとめ、経営改革に取り組んだが、本人も昨年起きたリコール隠蔽問題で辞任、後を園部孝社長とロルフ・エクロート副社長に託すことになった。三菱自動車の何が問題だったのか。現在、相談役の職にある河添氏に聞いた。(117ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1532文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に登場する企業】
ダイムラー社
三菱自動車
update:19/09/24