日経ビジネス 2001/04/30号

ビジネスeye
価格破壊の底値見えた?
紳士服店ずらり横並びの“自衛策” セブンは250円弁当で独走狙う

 低価格競争に加われば自分の首を絞めかねないし、指をくわえて見ていれば消費者にそっぽを向かれるかもしれない——。物価の下落が続くデフレ時代の到来で、企業はライバルよりも価格面で優位に立とうと必死だ。そんな中、紳士服専門店の業界ではなぜか価格の横並び現象が起こっている。(142〜143ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2580文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
サービス・流通・生活・文化 > 食品・外食産業 > その他(食品・外食産業)
サービス・流通・生活・文化 > ファッション・衣料 > その他(ファッション・衣料)
update:19/09/24