日経ビジネス 2001/04/30号

時流超流・トレンド IT経営の波 電子市場は日本に定着するか──上
経営効率化への期待高まるも成果は不十分 両極端な主要2社の市場構築・運営戦略、今は模様眺めの様相

 日本のeマーケットプレース元年だった2000年。鋼材、建設資材から電子部品まで、産業分野ごとに構築された電子市場はほぼ30に達した。 eマーケットプレースなら、伝票をやり取りする手間や経費を節減するにとどまらず、これまで接触できなかった世界中の企業とも取引できる。しかも既存の「企業間ネット取引」を1カ所に集約することで、一段と取引の効率化が図れると期待を集めた。(144〜145ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3127文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > その他(経営方針)
【記事に登場する企業】
コマースワン
update:19/09/24