日経ビジネス 2001/04/30号

時流超流・トレンド 新製品トレンド ニッポンの味
大ヒット「生茶」を追う「旨茶」「まろ茶」も好調 健康志向と飲みやすさ受け緑茶飲料が旬

 緑茶飲料市場が目覚ましい伸びを見せている。昨年の市場規模は約1億1000万ケース、金額にして約2200億円。前年の約1.5倍に膨らんだ。 急速な伸びを牽引したのが、昨年3月に発売されたキリンビバレッジの「生茶」だ。年間1000万ケースを売り上げると大ヒットとされる飲料市場で、2597万ケースという驚異的な記録を達成した。 「これまで市場には緑茶風の飲料しかなかった。(148〜149ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1873文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > 健康維持・美容 > 健康維持・用品・食品
サービス・流通・生活・文化 > 食品・外食産業 > 食材・食品・飲料
サービス・流通・生活・文化 > 健康維持・美容 > 健康維持・用品・食品
【記事に登場する企業】
キリンビバレッジ
update:19/09/24