日経ビジネス 2001/04/30号

本 新刊の森 日本の進路を語る
中小企業、自治体のIT導入法
『日本の進路を語る』

 日本経済再生のカギがIT環境の整備にあることを前提に、IT革命を企業や業界の競争原理で語るのではなく、政府・地方自治体、中小企業、生活者を結ぶ大動脈としてとらえ、活用することの重要性を訴える。 まず第1部では、慶応義塾大学教授の島田晴雄氏が、日本経済が低迷する理由を総括したうえで「勝利の方程式」を模索。(155ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:570文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に登場する企業】
慶應義塾大学(慶応義塾大学)
地方自治体
update:19/09/24