日経ビジネス 2001/05/07号

特集 小泉純一郎の120日決戦 第1章
デフレの波は止められない
底堅い個人消費は唯一の緩衝材

 3月末、日銀が金融政策の目標を短期金利から通貨の量に変更する、歴史的な政策変更から1週間経った東京・新宿。低価格が売り物の居酒屋チェーン「和民」新宿西口店はいつものようにサラリーマンや学生らで賑わっていた。運営するワタミフードサービスの社長室長、鰐部慎二は「歓送迎会シーズンの3月は既存店売上高が前年をわずかだが上回った。(28〜29ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2804文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
政治・経済・社会 > 国内経済 > 景気動向
update:19/09/24