日経ビジネス 2001/05/14号

焦点リポート 脱ダム長野が示す公共事業リストラの凄絶
脱ダム長野が示す
公共事業リストラの凄絶

田中康夫・長野県知事の「脱ダム宣言」が、波紋を広げている。自民党政治の僕しもべとして公共事業行政を司ってきた官僚や、ダム完成を心待ちにしていた地域住民の怒りと失望は深い。しかし、ダムに無関係の都市部住民脱ダムを英断と評価する。都市部無党派層の反乱は長野だけにとどまらない。公共事業改革は、凄絶なる地方切り捨ての様相を呈してきた。(142ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:395文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる0円
買い物カゴに入れる(読者特価)0円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 人事 > リストラ・レイオフ
企業・経営・ビジネス > 経営危機・再建 > リストラ・レイオフ
建設・不動産 > 建築・土木事業・不動産事例 > その他(建築・土木事業・不動産事例)
建設・不動産 > 建築・土木事業・不動産事例 > 土木事業・事例
建設・不動産 > 土木・都市開発 > 土木事業・事例
ビズボードスペシャル > 事例 > その他(建築・土木事業・不動産事例)
ビズボードスペシャル > 事例 > 土木事業・事例
【記事に登場する企業】
自民党
update:19/09/24