日経ビジネス 2001/05/14号

焦点リポート 脱ダム長野が示す公共事業リストラの凄絶 さらば愛しの長野県/敗軍の将、兵を語る・
光家 康夫氏[前長野県土木部長]
 田中知事のやり方は極端、ダムは必要だ

「脱ダム宣言」巡る意見対立から田中知事に更迭され国土交通省復帰。ダムは受益者が限られ多数住民の理解得づらい性格があると指摘する。田中氏の手法を大型トレーラーの急ハンドルに例え、組織の転倒を危惧。 今年3月31日をもって、長野県土木部長の職を離れ、国土交通省へ戻ることになりました。(143〜146ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5220文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 人事 > リストラ・レイオフ
企業・経営・ビジネス > 経営危機・再建 > リストラ・レイオフ
建設・不動産 > 建築・土木事業・不動産事例 > その他(建築・土木事業・不動産事例)
建設・不動産 > 建築・土木事業・不動産事例 > 土木事業・事例
建設・不動産 > 土木・都市開発 > 土木事業・事例
ビズボードスペシャル > 事例 > その他(建築・土木事業・不動産事例)
ビズボードスペシャル > 事例 > 土木事業・事例
【記事に登場する企業】
国土交通省
update:19/09/24