日経ビジネス 2001/05/21号

時流超流・トレンド 本誌調査 新展開 ファイアストン問題
米タイヤ破損事故、日本人の死傷者がいた! 31歳の留学生ら5人、遺族は親会社のブリヂストンも提訴

 亡くなったのはN・Aさん。被害に遭った時は31歳で、カリフォルニア州にある大学に留学していた。 事故が起きたのは1998年8月で、場所はカリフォルニア州ロサンゼルス近郊の高速道路だった。Nさんとその家族、友人の合計5人は、ファイアストン製タイヤを装着したフォード車「エクスプローラー」に乗っていた。ところが走行中にタイヤが破損、車が横転してNさんは亡くなった。(4〜5ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1676文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 事件・事故・クレーム > 企業・経営・ビジネスの事件・事故・クレーム
車・機械・家電・工業製品 > 車・バイク(製造) > その他部品(車・バイク)
【記事に登場する企業】
ブリヂストン
米ブリヂストン/ファイアストン・アメリカズ・ホールディング社
update:19/09/24