日経ビジネス 2001/05/21号

時流超流・トレンド 日本企業大好き
米投資会社リップル、次の標的は総合電機メーカー? 日本コロムビア買収で見えた戦略、破綻していない不振企業も対象に

 「日本コロムビアをエレガントなモデルケースにして、今後も積極的に日本企業に投資していきたい」 米投資会社リップルウッド・ホールディングスのマネージングディレクター、ジェフリー・ヘンドレン氏は、「エレクトロニクスのほか化学や食品製造などに興味を持っている」ことを本誌に明らかにした。 リップルは、今年9月までに日本コロムビアに総額160億円ほどを出資すること…(8〜9ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3334文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 企業・組織 > 合併・吸収
【記事に登場する企業】
日本コロムビア
米リップルウッド・ホールディングス社
update:19/09/24