日経ビジネス 2001/05/21号

時流超流・トレンド 中国攻略1
ビール大手の「お茶戦争」、中国へ飛び火 サントリー、キリン、アサヒが本場で三つ巴 狙いは高所得層

 サントリー、キリンビール、アサヒビールのビール大手が中国市場でも激しくやり合っている。それも、中国が本場の「お茶」を巡ってだ。 先鞭をつけたのはサントリー。1995年末に上海に飲料事業の合弁会社を設立し、97年1月に「サントリー烏龍茶」を中国で発売した。 実はこの事業、サントリーにとって大冒険だった。(10〜11ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1804文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
サービス・流通・生活・文化 > 食品・外食産業 > 食材・食品・飲料
【記事に登場する企業】
アサヒグループホールディングス
キリンビール
サントリーホールディングス
update:19/09/24