日経ビジネス 2001/05/21号

特集 実力主義賃金の正念場 起こし・第1章
会社はどこまで変われるか 人事革命第2ステージ 実力主義賃金の正念場

富士通が先ごろ、成果主義賃金を見直すことを発表して以来、企業経営者の間では実力主義人事の賛否を巡る議論が喧しい。敗者のモラールダウンが予想以上に出たり、評価軸が定まらず再考を余儀なくされるなど、確かに、抱える悩みは深いようだ。しかし、今さら従来の年功序列制度への揺り戻しではあるまい。改革に軋轢はつきものであり、それを克服することこそ課題だ。川は渡った。(26〜27ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1484文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる0円
買い物カゴに入れる(読者特価)0円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 人事 > 経営陣・キーマン
企業・経営・ビジネス > 人事 > 労働条件・給与・組合
【記事に登場する企業】
富士通
update:19/09/24