日経ビジネス 2001/05/21号

特集 実力主義賃金の正念場 第2章 もう1歩前へ 先進7社はこう乗り
ハードル4 社員は仕事を選べますか ソニー リクルート

 実力主義を標榜するならば、社員が力を発揮できる基盤を整えることが不可欠だ。「やりたい」と思える仕事に就け、かつその仕事に応じた報酬を得られる体制が整っているかどうかも実力主義の成否を左右する。 社員に仕事を選ぶ自由を与える社内公募制が、他社よりも早く定着したと言われるソニー。1999年から2000年にかけて、さらにそれを強固なものにすべく改革を断行した。(38〜39ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2434文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 人事 > 労働条件・給与・組合
【記事に登場する企業】
ソニー
update:19/09/24