日経ビジネス 2001/05/28号

第2特集 クレイフィッシュの深い闇 敗軍の将、兵を語る/人物
松島 庸氏[クレイフィッシュ前社長]
光通信にだけは社長を渡したくなかった

 全く、何てことをしてしまったのか。社長で大株主でもある私が、会社の株を担保にカネを借りるなんて。それが会社の将来のためになるはずという、誰にも疑われない正当な理由はあった。しかし担保のクレイフィッシュ株1000株がどこにあるかすら分からない状況になった今、私は責任を取らざるを得ない。しかしこんな格好で、社長を退く羽目になろうとは。まさに自爆です。(143〜144ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3364文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に登場する企業】
クレイフィッシュ
update:19/09/24