日経ビジネス 2001/05/28号

ビジネスeye
アナリスト戦線異状あり
人気ランキングで新規参入組躍進 従来手法に機関投資家が厳しい目

 年金基金など機関投資家や外国人投資家を対象に、投資判断の材料を提供する証券アナリスト。株式市場への関心が高まるにつれ、彼らへの注目度も年々増している。有力アナリストが調査対象企業の格付け(レーティング)を下げたために、その企業の株式が大量に売られるケースも珍しくない。中には、年俸2億円台のスタープレーヤーもいる。(162〜163ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2384文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
update:19/09/24