日経トップリーダー 2001/06/01号

核心を聞く 第一回
倒産企業元役員の本音 第一話
融資回収の・サイン・を見落とすな 金融機関が他行の動向をこと細かに聞いてきたら要注意

小泉内閣が不良債権の最終処理を打ち出したことで、一時期に比べて下火になった金融機関による融資回収の動きが再び活発化しそうだ。こうした事態に中小企業はどう対応すべきか。倒産企業の元経理担当役員が自らの体験を語った。 いま私は知人と小さな会社を経営していますが、かつて年商五〇億円ほどの中堅企業で経理担当の取締役を務めていました。(122〜123ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2522文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営危機・再建 > 倒産・解散
update:19/09/24