日経トップリーダー 2001/06/01号

経営者のための話の小箱
『大倒産』ほか三冊

 『大倒産』(熊谷勝行著、東洋経済新報社、一五〇〇円)は、日々、企業の倒産情報を提供している帝国データバンクの情報部長が書いた「警告の書」である。 著者は、今年が過去最悪の倒産ラッシュの年になると予測している。銀行の支援打ち切りで起きる「そごう型」の大型倒産が増加するうえに、長引く不況による業績不振を原因とする倒産も急増する気配があるからだ。(156ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1264文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営危機・再建 > 倒産・解散
【記事に登場する企業】
そごう
帝国データバンク
東洋経済新報社
update:19/09/24