日経ビジネス 2001/06/04号

時流超流・トレンド 深層
創業家ジュニアが切るセイコーグループ再々編の火ぶた
“独立宣言”で外資と組むSIIの勝算

 今年3月に創業家出身の会長、服部礼次郎氏が引退を表明したセイコーグループで、早くも再編が始まった。“台風の目”となったのは、1999年6月に創業家の若きホープ、服部純一氏が社長に就任した、セイコーインスツルメンツ(SII、千葉市美浜区)だ。(8〜9ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2819文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に登場する企業】
セイコーインスツル
セイコーホールディングス
update:19/09/24