日経ビジネス 2001/06/04号

時流超流・トレンド 企業in the market 都銀凌ぐ株式含み益
京都銀行 例外が問う株保有制限論の死角
都銀凌ぐ株式含み益

 銀行の事業会社株式保有の是非論が活発になる中、目を引く地方銀行がある。京都銀行だ。2001年3月末の株式含み益は2793億円。地銀ではトップ、都市銀行と比べても株式含み益で2位に位置する三和銀行を300億円余り上回る。 京都銀行が図抜けた株式含み益を誇るのは、保有株式の益出しを他行ほどしてこなかったためだ。さらに、株式保有先の企業にも特徴がある。(14ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1639文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 財務 > その他(財務)
【記事に登場する企業】
オムロン
京セラ
京都銀行
三和銀行
日本電産
任天堂
村田製作所
ローム
update:19/09/24